筋トレのモチベーションが上がらない理由と対策

despair

日常的にトレーニングをしていると、「今日はどうしてもジムに行く気が起きない」という日も当然ありますよね?
ここでは、そんな筋トレモチベーションがどうしても上がらない人のために、やる気が出ない理由と、それを踏まえた対策法について解説していきます。


モチベーションが上がらない3つの原因

man

どうしても足がジムに向かないのには理由があります。
もちろん理由はいろいろありますが、ほとんどの場合が次の3つに該当します。まずは王道の「やる気低下原因」を確認しましょう。

理由1:連続してトレーニングを休んでいる

まず最もモチベーションが出にくいのは、そもそもあまり「ジムに行っていない状況」です。
逆説的ですが、やる気は休めば休むほど出にくくなります。
例えば、3日連続でジムに行っている時に「3日も連続で行ったからやる気が出ないなぁ」という心理状況にはなりにくく、むしろ3日連続でサボってしまった時の方が体が休むことに慣れてしまい、ジムに行くことを嫌がります。
これは人間の本能が「習慣を変える」ことを避けようとするためで、「ジムに行かない」ことが習慣になっている状態では当然それとは逆の「ジムに行く」ことを脳は嫌がります。
脳の構造として休めば休むほどモチベーションは下がることを理解しましょう。

理由2:体調不良

病気は言うまでもなく休むべきですが、寝不足や二日酔い、過労による疲労が溜まっている状態も含めて体調が万全でない時、当然体は休むことを求めます。
体調不良の状態になってしまった以上はモチベーションにかかわらず休息を優先すべきですが、習慣的にジムに通いたいのであればまずはこういった状況に陥らないような工夫を行うべきです。

理由3:人と会う機会(筋肉を魅せる機会)の減少

「体を鍛えるのは自分のため」とは思いつつも、鍛えた体は人に見せたり褒められたりしたいと思うのは当然のことです。
鍛えた体を人に魅せられる外出機会が減ったり、冬になり筋肉を見せられない服装になるとどうしてもモチベーションは下がりがちです。
このっ原因を避けるためには、リアルでもデジタルでも、意識して人に見られるような環境づくりが重要になってきます。

モチベーションが下がらない生活習慣をつくる

上記のモチベーション低下原因を踏まえ、こういったマイナス要因を避ける理想的な生活習慣とはどのようなものでしょうか?
それに近づけることでモチベーションを維持した筋トレライフを送ることができます。

ジムに行く時間を決める

「時間があればジムに行く」というスケジュールではまず継続してジムに通うことは難しいでしょう。
まずは1日の中でジムに行く時間を固定して確保し、それを実現するためにスケジュールを立てることで、モチベーション維持に最も重要な「ジムへ行くことが習慣化している」という状態を作り出すことができます。
「気が向かなければ入り口まで行って帰っても良い」という心持ちでもいいので、とにかくその時間はジムの入り口まで行くというスケジュールを立てましょう。

十分な睡眠と食事、飲酒は控えめに

言うまでもないことですが規則正しい生活はモチベーション維持の大前提です。
睡眠不足や栄養不足の状態は避けながら、体の状態は万全に保っておきましょう。
また、軽度の疲労であれば体を完全に休めるよりも運動は「アクティブレスト」と言って疲労回復効果があります。
仕事の後のトレーニングは「疲れたから行かない」のではなく、「疲れを取るために行く」と思い直すことでジムに行く理由が強くなります。

社会とつながりを持つ、SNSも活用しよう

在宅での仕事も広まり、自分の体を人に見せる機会も減りがちかもしれません。
意識的に街に出る習慣をもつのが難しい場合はSNSが非常に役立ちます。InstagramやTwitterでは日々多くのトレーニーがトレーニングの様子や自分の体をアップしており、見るだけでモチベーションが上がりますし、自分もそのような発信を行えば褒めるコメントやいいねといった反応がさらにやる気アップにつながります。
(筋トレ好きはSNS上でもかなり褒め合う傾向が強いです。)
また、トレーニーのモチベーションをアップさせることを目的としたアカウントなどもあるので、こういった情報も積極的に受け取って外側からのモチベーションアップを図りましょう。

ワークアウトモチベーションクリエイターRickyのInstagram

モチベーションは生活習慣でコントロール出来る!

いかがでしたか?
筋トレ初心者であれば習慣化するまでモチベーションとの戦いは多いかもしれませんが、いつまでたってもモチベーションが上がらない状態が多いと感じたら、生活習慣に原因が潜んでいる可能性が高いです。
放っておいても勝手にジムに体が向かうほどのモチベーション習慣は作ることができます。
是非この機会に見直してみてはいかがでしょうか?

YouTubeはじめました!

投資や筋トレについて発信するYouTubeチャンネルを開設しました!
楽しんで勉強ができる動画を配信しているのでぜひ一度チェックしてください!
↓YouTubeチャンネルはこちら↓