海外旅行の資金が勝手に貯まるFPの貯金術3選

貯金

皆さんは海外旅行に行く費用をどのように捻出していますでしょうか?
毎月の給料から積み立てたり、ボーナスの中から出したり、いろいろとやりくりをしているかと思います。
私も以前は旅行費用を作るために頑張って節約をしたのですが、ある時から「3つのこと」を実践するだけでそれまでの生活水準を変えることなく海外旅行に行くための資金を貯めることが出来るようになりました。
ここではFPでもある私が、毎年の海外旅行費用が勝手に貯まる秘訣を伝授していきます!

海外旅行に必要な費用は20万円と想定

そもそも海外旅行に必要な費用は行先や人数、時期によってもバラバラです。
ビーチ好きな私の場合、毎年1度はアジアのリゾートに旅行に行くので、

東南アジアのリゾートで
それなりのホテルに泊まって
おいしい食事を食べて
ダイビングなどのアクティビティをする


というモデルケースを想定して
約20万円を海外旅行費用(目標)と設定しています。
20万円あれば大体のリゾートにはいくことが出来ますし、少し足りないとしてもなんとかなる額です。
ちなみに近場のリゾートであるグアムやバリ島、セブ島やフィジーなどに実際に行った時も20万円を超えたことはありません。
というわけでここでは年間で「20万円」を作ることを目標に3つの方法を解説していきます。

「iDeCo(イデコ)」の加入で年間55,000円戻ってくる

資産運用

まず収入のある人の場合、FPとして何よりも先にオススメしたいのが「iDeCo(イデコ)」への加入です。
iDeCoは「個人型確定拠出年金」ともいいますが、昨今の年金不安から国としても積極的に税制優遇を行い、加入者も爆発的に増えている年金制度です。
別の記事でも詳しく解説していますが、iDeCoでは国民年金のほかに自分でさらに年金を「追加」で積み立てることのできる制度で、老後にもらえる年金が増えることになります。
最大のポイントとしては自分の年金として積み立てるお金でありながら、その全額が「所得控除」つまり所得税から免除されるという点です。
例えば毎月「23,000円(サラリーマンの場合の限度額)」を年金として積み立てた場合、年間で積み立てる「276,000円」すべてが所得控除の対象となり、すでに払っていたその分の所得税が毎年まとめて戻ってきます。
所得税率は年収によって異なりますが、例えば年収650万円の人の場合は「55,200円」が払いすぎた税金として年末調整や確定申告で戻ってくることになります。
自分の老後のためにお金を蓄えながら、約55,000円が戻ってくるなんてこれほど有利な制度は他にありません。所得控除はもちろん現金で戻ってくるのでこのお金を旅行に使おうが何に使おうが自由です。
老後の資産形成と所得控除によるボーナスが同時にできる「iDeCo」への加入はまず先に検討したい手段といえます。

あわせて読みたい

「iDeCo(イデコ)」を使って毎年タダで旅行に行く裏技を現役FPが教える

「格安スマホ」への乗り換えで年間84,000円節約できる

スマートフォン

現在契約している通信キャリアが大手(ドコモ・KDDI・ソフトバンク)の場合、格安スマホへの乗り換えで月額料金が大幅に節約できる可能性があります。
私の場合は
ソフトバンク→楽天モバイル
の乗り換えで月額料金が約7,000円も安くなったので、年間では84,000円の節約が出来たことになります。
すでに格安スマホを使っている人の場合も、必要以上のプランを契約している場合はプランの見直しだけでも費用の節約が出来る可能性があります。
ちなみに私の場合は毎月最大でも5GB以上使うことがないので「5GBプラン」の2,150円が毎月の料金になります。(私は楽天の社員割引が効いているので実際は2,000円以下になっています)
もともとは毎月10,000円近い料金だったことを考えると非常に大きな節約になっています。
格安スマホについては「つながりにくいんじゃないの?」という声をよく聞きますが個人的には通信の速度には不自由を感じませんし、楽天の場合は独自の回線(MVNO)に移行する予定があるのでさらに改善がされると期待しています。

ブログの運営で+αの収入

information

例えばこのサイトのようなブログを運営することで収入を増やせば、それをそのまま旅行費用に充てることが可能です。
ここからはある程度の労力が必要な「副収入」を得る領域になりますが、努力量によっては目標をおおきく超える資金を作ることができます。
実際に私の場合はこのサイトの運営による副収入を旅行費用としての足しにしているのですが、毎月数千円であっても1年間貯めれば数万円となり立派な旅行資金となります。
ブログ運営について知識のない人のために説明すると、ブログを運営して一定数の人が見に来るようになると、広告を掲載できるようになります。また、そのブログを通して商品やサービスを購入してもらうと売り上げの一部をもらえる「アフィリエイト」という手段もあります。
いずれにしてもブログの運営というのは、そのブログに人が集まれば集まるほどお金を稼げる仕組みになっているので、ある程度の集客力のあるブログを作ることが出来れば少しずつお金を生み出すことが出来るのです。
私もこの「ハンサム★ビーチ」ではじめてブログの立ち上げを行い、最初は何もわからなかったのですが数ヶ月も記事を書き続けているといろいろなことを勝手に覚えていき、集客のテクニックも身についてくるので毎月サイトを訪れる人が増え、比例して稼げるお金も増えていきます。
このサイトは収益目的のものではないのでそこまで「稼ぐ」ことに特化した運営はしていないのですが、それでも立ち上げて3ヶ月もすると立派に広告でお金を生み出すブログは作ることが出来ます。
ブログ運営に限ったことではないですが、このように収入をプラスできる手段があるのであれば旅行費用を稼ぐために副収入を得ることを考えてみても良いでしょう。

あわせて読みたい

ブログ運営が「続くコツ」と「辞める理由」

【運営記録】「ハンサム★ビーチ」を立ち上げた!(2019年4月)

せっかく貯まったお金は使わないように口座を分けよう

atm

所得控除や格安スマホでの節約、ブログ運営による副収入と「毎年20万円」の海外旅行費用を貯める方法を解説してきましたが、大切なのはそうやって作ったお金を旅行以外に使わないようにしっかりと管理することです。
同じ銀行口座の中で節約したり稼いだりしていても気づかない間に他のことに使ってしまっていては意味がないので、旅行のために捻出したお金はそれ用の口座を作って手を付けないようにしておきましょう。
私の場合は上記の方法で捻出したお金をひとつの口座に集めていて、旅行関連の支払いをそこからするようにしています。
それ以外には使うことがないので旅行に行くまでは貯まっていく一方の口座となっていますが、このように物理的に口座を分けてしまうと目的以外には使わなくなるので特にお金の管理が苦手な人は「旅行用口座」を作ってみると良いでしょう。
目的のない貯金はつらいですが、短期的に目標の見えている「旅行貯金」はそれによって何が出来るかが明確にイメージできるので楽しく続けることが出来ると思います。

あわせて読みたい

旅行で得する「株主優待」をFPが紹介!

海外旅行へのお金の持って行き方

「iDeCo(イデコ)」を使って毎年タダで旅行に行く裏技を現役FPが教える