【グアム旅行記】4泊5日でグアムへ行ってきた!

guam

日本から3時間半の常夏の島、グアム。
安くて近いリゾートとして昔から大人気ですね。
夏休みや年末年始など、長い休みに行く人ももちろん多いと思いますがその近さを最大限生かして、ちょっとした休みにもいけちゃうのがグアムの良いところでもあります。
今回、土日休みのサラリーマンである私がそんな「ちょっとした休み」でなんでもない時期にグアムに行ってきましたので旅行記を書いていきたいと思います!

季節は3月、金曜日→火曜日のスケジュール

3月に月、火曜日と有給休暇の取れそうなタイミングがあったので、金曜の夜に出れば4泊5日でグアムにいける!と思いつき、予約していってきちゃいました。
グアムは1年中30度近く、7月~11月くらいまでは雨季とはいえ、一日中雨が降るということもないので、あまり気にせずにスケジュールの都合でいく日を決めています。
ちょうど春休みシーズンで学生が多いのかとも思いましたが特にそんなこともなく(そもそも日本人は多いのですが)いつもと変わらないグアムを楽しめました。

旅行費用はトータルで約10万円

今回は2人で行ったのですが、特にお得なツアーを利用したということもなく、飛行機代とホテル代(4泊)は全てあわせてちょうどひとり10万円くらいに収まりました。
どちらも「エクスペディア」を使って予約したのですが、

飛行機代:約5万円(ユナイテッド航空)
ホテル代:約5万円(アウトリガーグアム)

という内訳でした。
もちろんホテルのグレードを少し下げればあと数万円安く調整することも出来ましたが、せっかく貴重な有給休暇を使っていくのですから、多少費用がかかっても立地が良く、施設の充実したホテルをと思いアウトリガーを選びました。
その他、現地での食事や買い物もしましたので使ったお金のトータルとしては15万円程度になりました。

【深夜着】宿泊したアウトリガーはバランス最強のホテル

outrigger

ビーチリゾートではホテルのクオリティとバランスが非常に重要です。
私がいつもグアムでホテルを選ぶポイントとしては
・費用
・ビーチまでの距離(ホテル敷地内にビーチがあるか)
・プールサイドの充実度
・部屋の清潔感
といったところになりますがこの点でアウトリガーグアムはトップクラスだと思っています。
また、今回着いた瞬間に「財布をなくした事件」があったのですが、このあたりも非常に親切に対応してくれたこともあり、個人的にかなり印象がアップしました。
夜に成田を出発したのでホテルに着いたのが深夜3時くらいでしたが同じ便で来る人も多いため夜中でも活気があり、ロビーはにぎやかな雰囲気でした。
初日はチェックインをしたら翌日からの活動に備えてすぐに就寝ということになると思います。
4泊5日とはいえ、初日は夜の移動のみとなります。

2日目はGPO(グアムプレミアアウトレット)で買い物三昧!

ross

いつもどおりざっくりとしたスケジュールしか立てていなかったのですが、実質のグアム初日(正確には2日目)は「買い物に集中」と決めていましたので、朝に「IHOP(アイホップ」でパンケーキを食べてすぐにホテル下のバス乗り場へ向かいます。
大きなショッピングセンターはホテルの周りに集中しているのでいつでも合間に寄れるのですが、唯一移動して行きたかったのが「GPO(グアムプレミアアウトレット)」!
グアムで唯一のアウトレットモールですが、ここはタムニンというエリアにあり、ホテルのあるタモンからはシャトルバスで20分ほど移動する必要があります。
なかでも目当ては「ROSS DRESS FOR LESS(ロスドレスフォーレス)」。海外に良く行く人なら知っているかもしれませんが、ブランド物が80%引きなどで手に入り、その商品の膨大さから、掘り出し物を探すのも楽しいアウトレットです。

ハンサム
時間も体力も使うからそれ以外の予定は入れない!


シャトルバスも「GPO前」という駅で降りればよいので迷うことは無かったです。
また、バスは1日乗り放題チケットが12$でありますが、GPO以外に行く予定は無かったので1回券(4$)を乗車時に運転手から購入しそのまま乗りました。
「ロスドレス」はやはり広くて、洋服から日用品、おもちゃや家具等何でも揃っていました。
見るだけで数時間を要しましたが、結果的には男性はあまり魅力的なブランドの服が無いことが分かりました。
スポーツブランドの洋服やスニーカー等は豊富にあるのですが、代表的なアパレルブランドはあまり見当たらず、終始靴下やキャップ、スポーツウエアなどを漁ることになりました。
レディースはいうまでもなくメンズの比ではないくらい品揃えが豊富です。
「ロスドレス」は買い物好きの女性は間違いなく一見の価値ありですが、男性はむしろ同じくGPO内のスニーカーショップやナイキのストア等のほうがお目当てのものがあるかもしれません。

「Sea Grill」で夕食は雰囲気も味もバッチリ!

夕食には「アウトリガーグアム」のすぐ横にある「Sea Grill(シーグリル)」へ行きました。クジラがレストランの天井を突き抜けているモニュメントが印象的な建物です!
予約もせず飛び込みだったのですが、運よく上の階の「突き抜けクジラ」を見られる席に通され、雰囲気も最高でした。
ロブスターを食べることを目的のひとつにしていましたが最初のディナーで叶ってしまいました。しかもステーキまでつけて!
ここの味付け、本当においしいです。毎晩ここに来ようかと思ったくらいお気に入りのレストランになりました。

ハンサム
ステーキソースは持ち帰り用にも売ってたよ

3日目はレンタカーで「天然プール」へ!(マリンシューズ必須)

3日目は「天然プール」に行くことだけを予定にしていましたので、朝ごはん(この日はフレンチトースト)を食べてすぐにアウトリガーからつながっているレンタカー「Hertz」へ。
これまた予約も何もしていなかったのですが、簡単な申込書の記入と日本の免許証で借りられました。費用も24時間で6500円程とお手ごろだったので次の日に返却として早速出発!
運転としては、右側通行に慣れていないので最初は戸惑いましたがすぐに慣れましたし、それほど交通量が多いわけでも車が早いわけでもないのでほとんど日本と同じような感覚で走れました。
また、グアム島は道も簡単なのでカーナビが付いていない車でしたがレンタカー屋さんでもらった紙の地図だけで迷うことなく移動することが出来ました。
(助手席の人の協力が結構重要かもしれません笑)
目的の「天然プール」は島の東側(反対側)なので1時間半ほどかかりましたが、途中ところどころきれいな場所には止まりながら行ったのでまっすぐ向かうと1時間程度で付くと思います。
この日はこれしか予定がなかったので焦らず運転を楽しめたのはよかったですね。
天然プールは予想通りにぎわっていましたが、駐車や場所取りに困るようなことはありません。
すぐ横に波しぶきの上がっている海の横の大きな水たまりといった感じですが、海とはまた違ったシュノーケリングや探検が楽しい場所です。
ただひとつ本当によかったのは「マリンシューズ」を持っていたこと!天然プールは海ではないので地面が岩でゴツゴツしていて、裸足はもちろん、サンダルで入ってもケガをしそうなくらい痛い場所があります。
本気で天然プールに入って楽しむことに集中したい人はシューズの持参を強くオススメします。
※近くに売店のようなものはまったくありません。

ハンサム
食べ物も事前に買っておこう!


その後はグアム全体をドライブしながら、もらった地図に書いてあった「パパジョーンズ」のピザ屋で昼食兼夕食を。

papajohns
ハンサム
海外のピザってなんでこんなにおいしいんだ・・


車はアウトリガーの「Hertz」専用駐車場に止めて翌日朝に鍵を渡しにいきました。

4日目はのんびり、夕食はリッチにBBQ!

guam

4日目は特に何も予定をいれず、ホテルのビーチとプール、周りのショッピングセンターで買い物をしながらゆっくりと過ごしました。
買い物と、唯一いくと決めていた天然プールも無事完了していたので気ままにお酒を飲みながら日焼けを楽しみました。
この日はほぼホテルのビーチにある「OHANA BEACH CLUB」でのBBQを前日に予約していました。
サンセットが見られるよう、17時台の予約も取れていたので豪華なBBQを食べながらきれいなサンセットを特等席で見ることが出来ました!

5日目、午前中には空港へ戻り無事帰国!

最終日は昼発の飛行機で帰国のため、朝食にパンケーキ(この旅2回目のIHOP)を食べたくらいでそのまま空港へ。
翌日からすぐ仕事ということもあり、早めの帰国を心がけました。
とはいっても家に着くとしっかり夜なんですが・・・
海はもちろん、買い物も食事も楽しめる相変わらずの楽園グアム、またちょっとした休みとお金の余裕ができたタイミングで行きたいと思います!

あわせて読みたい

気軽に行けるビーチリゾート!グアムの魅力

知っておきたいグアムの歴史

グアムで財布をなくした!