【旅行記】3泊4日で宮古島に行ってきた!

三角点

国内で美しいビーチを求めて多くの人が訪れる宮古島。
例に漏れず私もそのビーチの魅力に惹かれて7月のある日、この島を訪れてきましたので旅行記を残しておきます!
行った場所やアクティビティの記事は別に詳しく書いてリンクを貼ってあるので興味があればそちらも是非合わせてお読みください!

7月に3泊4日、出発は台風と重なった

梅雨明けと夏休みシーズンの間を狙って7月の後半の週末に有給を2日くっつけて3泊4日で行ってきたのですが、同時にこの時期は台風シーズン。私の出発日もちょうど台風の影響で、飛行機が欠航になる可能性が高く心配でしたが、無事に予定通り到着しました!

あわせて読みたい

旅行に台風が重なった時にやるべき3つのこと

早朝着、初日はまったり

羽田を6:40発という早朝スケジュールだったこともあり、初日は終始眠い・・
宮古島に着いてもホテルのチェックインは14時からということで荷物だけ預けて宮古島の市街地「平良(ひらら)」をあてもなくさまようことに。
何も食べておらずお腹ペコペコだったのですが、この辺りのお店はだいたい11時ごろから開店するようでやっと見つけたのがファストフード店の「A&W」
アメリカ発祥で沖縄では古くからあるようですが東京では見たことがない!
ということでこれも宮古島フードだと思い朝からハンバーガーを食べてようやくひと息つけました。

A&Wは沖縄ではメジャーなファストフード店

それから開店しはじめたお土産屋さんを巡って、昼過ぎにホテルに戻ると部屋に入ることができました。

あわせて読みたい

宮古島のおみやげを攻略しよう!!

ホテルアトールエメラルド宮古島

今回の滞在は「ホテルアトールエメラルド宮古島」
平良市街の中でも海沿いに位置し、景色も立地も部屋のクオリティもバランスが良くて非常に満足でした!
3階にはプールもあるのでお子さん連れのファミリーにもオススメです!

オーシャンビューで清潔感のある部屋でした!

翌日からの朝食バイキングも宮古島産の食材がふんだんに使われた食事ばかりで楽しめました。
部屋に着くと同時にフロントにオイルマッサージを予約し、昼寝も兼ねて部屋でマッサージを受けたのですがこれがめちゃくちゃ気持ちいい!
気づいたらほとんど寝てしまっていました・・

はやめの夕食は宮古牛を堪能!

朝にハンバーガーを食べてから何も食べていなかったので夕食は17時の開店を待って「焼肉なかお」に直行!いろいろなガイドブックにも載っている有名店なのですが、落ち着いた雰囲気で 楽しみにしていた宮古牛を堪能できました。
店内はほとんどが個室で予約なしでも開店直後は人が少なくゆったり楽しめたので大満足です。

「焼肉なかお」で宮古牛を堪能!

2日目からはオープンカーをレンタルしてドライブ!

2日目以降は「クルーズレンタカー」というオープンカーを借りられるレンタルカー屋さんで、予約していたビートルを借りて島を一周しました!
ただ、オープンカーは暑い・・
橋を渡るときだけ屋根を開けて開放感を満喫しました。
夕方には涼しくなってオープンカーの醍醐味が生かせるように!夜には星を見ながらのドライブもオススメですね。

「クルーズレンタカー」ではオープンカーをレンタル!

「とぅんからや」でランチ

昼食はインギャーマリンガーデンの横にある「島cafe とぅんからや」でタコライス! 横にはハンモックもあり休憩に最適でした。
インギャーマリンガーデンで遊ぶ人達は、近くにはあまりレストランがないこともあって、大抵ここでランチを食べるようでした。

吉野海岸のスノーケリングは最高!

スノーケルの名所として有名な吉野海岸に行きました。
駐車場では料金が500円かかりますがシャワーやトイレがあり(ビーチにはないのでここで済ませる)、ビーチまで送迎をしてくれます。

吉野海岸へは駐車場から送迎あり

ビーチまでは5分ほどなのですが坂が急なので送迎車を使ったほうが楽でした。
早速スノーケルしてみると驚くほど澄んだ水とたくさんの魚たち!
海外のビーチもよく行っていますが、私の経験でもトップクラスの美しさといえるほどです。

吉野海岸は透明度がスゴすぎる!

写真では伝わらないので宮古島旅行の際には是非オススメしたいスポットです。
岩がゴツゴツとあるのでマリンシューズは必須ですがレンタルもしていたので安心です。
近くには「新城(あらぐすく)海岸」というスポットもありましたが、すぐ横ということもありほとんど同じような体験ができそうです。

「前浜ビーチ」はまったりするのに最高!

続いて行ったのは島の西側にある「前浜ビーチ」
沖縄で最も美しいビーチといわれるにふさわしい海の美しさと砂浜の白さで多くの観光客がまったりと過ごしていました。
砂浜は美しいだけでなく広くて平らなのでレジャーシートやテントを広げて寝そべるには最適なビーチでした!

真っ白で広いビーチ!

その後は平良に戻って居酒屋で宮古料理を楽しんで、泡盛でベロベロのまま寝てしまいました。

3日目は伊良部島でスキンダイビング

朝の9時に伊良部島に集合し、予約していたスキンダイビングのツアーに参加しました。
スキンダイビングは初めてだったのですが、潜るコツや耳抜きの仕方まで丁寧に教えてくれ、最後にはかなり自由に泳げるようになっていました。
素潜りで自由に泳ぐスキンダイビングの魅力にハマってしまったので今後もレジャーとしてはリピートしそうです!

インストラクターが一緒なので安心して挑戦できます!

あわせて読みたい

スキンダイビングとは?その魅力とシュノーケリングとの違いも解説!

伊良部島で宮古そばとサーターアンダギー

スキンダイビング後はそのまま伊良部をドライブしながらスキンダイビングの先生に教えてもらった「浜のみせ」で宮古そばと、「なかゆくい商店」のサーターアンダギーを楽しみました。
ここのサーターアンダギー、個人的には沖縄で一番美味しかったので、是非伊良部島へ行った際は試して欲しいです!

地元民オススメの宮古そばが食べられる「浜のみせ」

三角点で絶景を見る!

伊良部島にはガイドブックに載っていない絶景スポットがあるとスキンダイビングの先生が教えてくれた「三角点」という絶景ポイントへ。
道に車を止めてわかりにくい入り口から自然の道を抜けると、そこは断崖絶壁で海が見渡せる最高のスポット!
SNSやブログでは人気スポットのようで車もちらほら止まっているようでした。

三角点の絶景!

海中公園までドライブ

伊良部島から宮古島北部の海中公園までドライブし、今度は室内から魚たちを観察。
ちょっと魚を見るの飽きてきた・・・
けど島を縦断できて良いドライブコースでした!

海中公園でゆっくり魚鑑賞

レンタカーを返した後は、遠出もできなかったのでホテル近くの居酒屋で宮古島最後の夜を楽しみました。
この日はたまたま年に一度の宮古島祭りで平良の街は賑わっていました。

最終日はプールとビーチでゆっくり

最終日の飛行機は15時台だったのでホテルのプールと近くのパイナガマビーチでゆっくり。
11時のチェックアウト後の予定が何もなかったので近くのカフェでハンバーガーを食べた後は早めに空港に行き、空港内の「てもみん」でマッサージをしました。旅行の疲れを癒すマッサージ・・・最高です。

次回旅行が待ち遠しい!

アクティビティもビーチも食事も、最後にはマッサージも楽しみ、最高の宮古島旅行でした!
宮古島旅行の際は終始レンタカーを借りておいた方がいいですが、今回のオープンカーは大正解でした!これからもリピートしたいですね。
そして意外にも大活躍したのは現地でフリーペーパーとして配っていたガイドブックでした。出発前に色々な本屋に行きましたがなかなか宮古島について詳しいガイドブックがなかったのですが、さすが地元の情報はどの本よりもわかりやすく現地の地図やお店が書かれていました。

現地のフリーペーパーは各ホテルなどで手に入る

また次回来るときは、行けなかった八重干瀬(やびじ)でのシュノーケリングと、青の洞窟でスキンダイビングをしてみたいです。