ボホール島の1日ツアーに行ってきた!

tarsier

アジアのリゾートとして人気の「セブ島」。
セブ島観光のひとつとして、そこからフェリーで約2時間の場所にある「ボホール島」へのツアーが人気なのをご存知でしょうか?
チョコレート色の丘「チョコレートヒルズ」や川を下りながらのランチブッフェなど、自然を満喫するスポットが沢山あるこの島は、セブ島での海遊びに少し飽きた頃にはぴったりのアクティビティスポットです。
これらのアクティビティを楽しむため、そしてここにしか生息しない「ターシャ」という世界最小の猿を見に、セブ島観光中に1日のツアーでボホール島を訪れてきましたので旅行記を記したいと思います!

ボホール島とは?

bohol

ボホール島はセブ島の港「セブシティ港」からフェリーで約2時間の場所にある離島で、セブ島からの1日ツアーが人気です。
自然と思いっきり触れ合えるアクティビティが人気で、セブ島での滞在中に組み入れる人が多いです。
セブ島のツアーは事前に予約することもできますが、セブ島のホテルなどで予約することも可能なため、割と気軽に参加することができます。
旅行代理店を通したツアーであればランチ代も込みで約1万円程度で参加が可能です。
ツアーであれば添乗員がいるので完全にお任せすれば各種手続きやボホール島の代表的なスポットを周り、解説もしてくれるのでオススメですが、少しでも安く、あるいは自由にボホール島観光をしたい場合は個人でもフェリーチケットや現地での車のチャーターを行って周ることも可能です。

ホテル内のHISデスクでボホール島ツアーを予約

今回はツアーでボホール島を訪れたかったため、宿泊していたホテル「Jパークアイランドリゾート」の中にあるHISのデスクで予約を行いました。
翌日のツアーで予約が可能だったためその場で料金を支払い、翌朝にツアーのバスがホテルに迎えにきてくれる時間だけを確認しました。

朝から港へ移動、フェリーでボホール島へ

セブ島の港へは車で1時間ほどかかるマクタン島での宿泊だったため、ホテルに車が迎えにきたのは朝の7時頃。運転手の人がそのままフェリーとチケットの手配もしてくれたためチケットを受け取り、「帰りもここにいるよー」というラフな挨拶で運転手さんとは一旦お別れしました。

ferry
フェリー乗り場は朝から賑やか

フェリーで2時間程度でボホール島に到着するとまた別の添乗員が車まで案内してくれ、ツアーがスタートしました。
同じツアーに参加していたのは私を含めて3組、7名と少人数だったので割と気を使わずに時々話しながら楽しむことができました。
港からはランチへ向かうのですが、途中で教会などの観光スポットで車を止めてくれて写真撮影などをさせてくれました。

船上でのクルーズランチ

ロボク川という川のクルーズへ案内してもらい、川を下りながらランチブッフェを楽しむことができました。自然いっぱいの景色を楽しみながらのランチは格別です。

lunch
ボリューム満点のランチに大満足!

なおランチ代もツアー料金に含まれていますが、アルコールは別料金のためその場で支払うことになります。

そしてクルーズの途中、船を岸に近づけたかと思うと、子供たちによるダンスでの歓迎が!
お客さんも岸に降りて一緒にダンスに参加することも出来ます。
可愛い踊りに癒され、名残惜しいなかクルーズでのランチは終了し次のスポットまでまた車で移動します。

世界最小の猿、ターシャと対面!

続いていよいよ来たのはターシャの保護観察区域。
ターシャは非常に臆病で繊細な生き物のため区域内ではターシャに触ることはもちろん、フラッシュでの撮影や大きい声で話すことも禁止されており、静かな雰囲気の中で木陰に隠れているターシャをそっと探して見守るように歩いていきます。

ハンサム
結構いるけど夜行性なのでだいたい寝てる!

誰かが「あそこにいる!」などというとみんな「どこどこどこ?」という感じで一体感のあるターシャ探しを満喫出来ることでしょう。ターシャの想像以上の小ささに感動します!
区域内にはお土産コーナーなどもあり、わりとゆっくりと楽しむことができます。

チョコレートヒルズの見学

続いて案内されたのは「チョコレートヒルズ」という小さな山を見渡せる展望エリア。
チョコレートヒルズはポコポコとできている山のてっぺんがチョコレートの色に染まるためその名前が付いています。
少し階段を登るような展望台の上からは、綺麗な山が沢山見えるまさに絶景!
山が小さくてかわいいので女性にも大人気の撮影スポットになっていました。

バギーの運転を堪能!

ツアーの最後はバギーに乗ってチョコレートヒルズのふもとを走ることができます。
アクセルとブレーキというシンプルな二人乗りのバギーに乗り、先導してくれるバイクに乗ったインストラクターの後をついていきます。
地面や風をじかに感じられるバギーは最高の乗り心地!

buggy
必死にバイクに着いていきます!

この時雨が降り始めていたのでカッパも貸してくれました。泥が跳ねて少し汚れましたがこんなこともあろうかと汚れても良い服&着替えも持ってきていたので問題なし!
心配せずに思いっきりバギー遊びをすることができました。

ハンサム
運転できる人がいると安心!

帰りもホテルまで無事に送迎

帰りもフェリー乗り場まで送ってくれ、セブ島に着いてからは行きの時の運転手さんが待っていてくれ、ホテルまで無事に送り届けてくれました。
今回のように事前調べをあまりせずによくわかっていない状態で楽しむためには、ツアーで行くことでチケットや段取りを心配せずにお任せできるので本当に助かりました。
「個人アレンジ」と「ツアー」はやはり状況で使い分けたいですね。

ボホール島はセブ島観光時には是非オススメ!

セブ島やマクタン島はビーチやプールを楽しむには最高の場所ですが、長く滞在しているとちょっと別のアクティビティも楽しみたくなるかもしれません。
そんな時は是非ボホール島を訪れてみるのがオススメです!
セブ島とは全く違う楽しみ方ができるので、よりたくさんの思い出が作れることでしょう!

あわせて読みたい

【セブ島旅行記】3泊4日で行ってきた!